男性声優さんにハマってウン年…。テンション高めに綴っております。時々毒吐きますが、愛ゆえにってことで…
2017/03← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/05
いらっさいませ♪




これが正体!!

水実 (MINAMI)

Author:水実 (MINAMI)
野島健児
何気に長いことファンやってます。
我ながらしつこいww

基本的に男性声優さんに雑食気味。
その時のテンションにより愛が四方八方。
イイ声万歳ってことで許してください。

現在も「Z」祭りは開催中♪
ts_1_1.gifturi_icon_3.gif
  logo_icon_2_2.gif  logo_icon_1_1.gif
inu_icon_5.gifcp_icon_2.gif
主従関係がたまらんとです!!!
個人的メモ…VitaminZ 発売リスト(2015/2/6更新)




カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -





最近の記事




カテゴリー




コメント




リンク




御用の方はコチラから。

名前:
メール:
件名:
本文:




個人的お買い物予定?メモ。

2011年♪



xxSEARCHxx

xxINFOMATIONxx

    xtoz_m3.jpg


    スカーレッドライダーゼクス応援中!


    ユア・メモリーズオフ
Welcome to Southern Cross !!
自分のハマりやすい性格に自身で振り回されてたりwww
まぁそれも人生。流れるままに流されてみようかなぁ~。まったり、まったり。



スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


原動力は「伝えたい」ただ一つなんだろうな… 
2009/09/18 /23:54
一等最初に伝えておきます!!!!!!!!!

順番メチャクチャです(笑) 

というか、解るはずもないので、読んで下さったなぁ~覚えてるなぁ~っていう感じで適当に並べてみました。
いやいや、今回もちゃんと1章、1章にコンセプトがあって全体の流れを作ってくださってたんですが…
余りにも量が多すぎる&野島さんの解釈と、私の解釈にはズレがあるので、どのカテゴリーか謎な部分も多々。
なので…うん、ニュアンスっていうか、本当にただ読んで下さったものを並べてるだけですwww
ご容赦を!!!!

20090917225002.jpg

ノジノジテン その22 『新種の蚊』
ノジノジテン その56 『痒い話し』
ノジノジテン その53 『僕の耳』
ノジノジテン その5  『夕飯』
ノジノジテン その17 『オレの靴下』
ノジノジテン その2  『そらをとんだマグロ』
ノジノジテン その38 『オトナジャクシ』
『僕のカタチ』~『君ヲマッテ』
ノジノジテン その40 『バス』
ノジノジテン その37 『あたりまえ』
ノジノジテン その39 『コノ世界』
ノジノジテン その18 『オレの靴下その2』
ノジノジテン その32 『ねむるまえのゆめ』
ノジノジテン その27 『間違い』
ノジノジテン その47 『花になる』
ノジノジテン その30 『巡り合わせ』
ノジノジテン その8  『赤い屋根の坂道』 (作曲:野上朝生)
ノジノジテン その34 『紙ヒコーキ』
ノジノジテン その58 『待ち男』
ノジノジテン その54 『小指の爪』
ノジノジテン その52 『からっぽ』
ノジノジテン その46 『クワガタムシ』
ノジノジテン その43 『お喋り』
ノジノジテン その19 『オレの靴下その3』
ノジノジテン その51 『磨く』
ノジノジテン その60 『Inspire』
ノジノジテン その41 『オレの靴下 その4』
ノジノジテン その42 『雨の日』

『ラジーと魔法使い』 (作:野島健児)

ノジノジテン その33 『東京上空』
ノジノジテン その4  『疑問』
ノジノジテン その13 『チューニングZERO』

『one』 (作詞作曲:野島健児)

ノジコさん(笑)
ノジノジテン その48 『逆さの罪』
ノジノジテン その45 『許し』


こんな感じだったかな??? 色々抜けてるかもだけど覚えてるのはこのぐらい…
自分の記憶力なんぞこんなもんさ(笑)
今回の会場、Up Linkは初めてだったんですが、語りをやるのにはいい場所かもしれませんね。
今の野島さんだとちょっと席数が…って感じなんですが…
あのキャパなら肉声でも十分通りますし。響き方がよかったかも。

ただ、スタッフさんたちがもうちょっと仕切り慣れしててくださるとありがたいんですが……
正直解り難すぎて困った……。言ってること全員違うし(笑)
指定席の意味とかあんまなかったしね…う~ん。そこだけがちょっと残念だったな??



※以下、イベントの感想を。
本当に主観オンリーで書いてるので、レ/ポ的なものは期待しないでください。
そしていつもの如く、我ながらキモチワルイ文章垂れ流してますので、ご注意を!!!











平日の19:30~ということもあり、しっとりtimeでスタートした感じかな?
服装もジーンズに、白のYシャツ(でもやっぱり柄物;笑)、白の革靴に、ラインストーンが入ったいつものベルトにチェーン。
本当に野島さんはソロイベントの時はラフな格好ですよね。着飾らない。
まぁ何時ものことといえばそうなんですが(笑)
なにせ「野島健児オールヌード」なイベントとのことですからww ちょ、野島さんその表現さすがすぎる。

20090919033317.jpg    20090917224959.jpg 


『新種の蚊』からスタートしたんですが、ご自分で蚊の飛んでいる音を出して、小芝居してくださいました。
最初から会場遣う気満々でしたね。
今回は「語り」がメインということだけあって、本当にほぼ全編語りの時間。
『予感』『赤い屋根の坂道』といった曲ごとで、1章ごとの区切りをつけてらした感じかな。

最初はコミカルな野島さんの世界。
この方こういった、特に『オトナジャクシ』『そらをとんだマグロ』(これ懐かしかった!)を聞くと脳がどういう仕組みになっているか知りたくなるんですよね。
頭が固い私には思いつけない切り口というか、世界の見方で…。
自分の心に落とすのがたまに難解なのは完全に頭がガチガチなせい。
それでも野島さんの詩の世界に触れて、大分柔軟に考えられるようになってきた気はしてるんだけど…どうだろう??(笑)

『夕飯』についてのMCがステキだったかな。
バンドの練習をするときに、野島さんがメンバーのためにまかないを作ることが多いそうで…
「料理はその人をとても大事にする行為で、その人の命になれば」という思いを込めて作ってるそうです。
そもそもお料理大好きだものね、野島さん。
「どんなに忙しくても、1日1回は良い物を、美味しいものを食べようと心がけてます。みなさんもゼヒ、そいしてみてください」
という、健児先生からのありがたいお言葉でした←



1章が終わるとまさかのノジコさん登場!!!!!!!! 今回早いよノジコさん!!
披露してくれたのが『逆さの罪』だったんですが…
この詩すっごい好きだったんだけど…ノジコさんが読み上げたら世界観崩壊wwww
イイ意味で裏切られすぎました。なんという情熱的なwwwww
やっぱりノジコさんステキだわ~。今日は一段と声低い気がするけど(笑)


2章は野島さんの素の1章とは違った「詩」の世界。コラムに近い感じの作品ですね。
『花になる』「心に届いたそのコトバ 人の心で花になる」
この一文が大好きなんですよね。コトバは人の心に届けてこそってね。
当たり前なんだけど、心が疲弊してくると忘れがちなことだったりして。(私の場合はね)
野島さんの読み方がまたフワっと花が綻ぶ感じの読み方をしらしてね…おぉ~癒された!!


『紙ヒコーキ』は2月に行われた4時間目以来かな??
今回も野上さんの曲に合わせて紙飛行機作り♪ こういうお姿を見ると、少年だなぁ~と(笑)
なんでこの人こんなに紙飛行機折ってる様が似合うんだろうかwww
客席に折った紙飛行機を飛ばしてくださったんですが、フワ~っと舞い上がったと思ったら、天井の縁に当たり急落下www
結局1番前の方のところに…
「本当はコトバが届けということで、一番後ろまで届けたかったんですが…。まぁこんなもんですわ(笑)」
ケラケラ笑う野島さんがものすっごい楽しそうで、やっぱり少年だなぁ~とかバカなこと思ってました。

『待ち男』は野上さんの奏でる、時報に似た音楽と野島さんの詩の世界の広がり方が好きだったかな。
このリズムはとっても胎教によろしいかと←ヲイ

『お喋り』では会場を歩いてくださいましてね。空いている席が2席ほど。
(これはもしや野島さん意図的に空けた2席だったのかしら? なんて思ったりなんかして。不自然なほどに通路側2席空てたのでね)
かなぁり~近い位置に来てくださったんですが…
なんだろうな…
「演じ者」というかそいうモードに入っている野島さんが近くに来ても、あまりドキドキしない罠www
自分の中でスッと線が引かれるんですよね、ステージ側と客席側という線が。
これが演目中じゃなかったらテンパルと思うんですけど(笑)
通路側の席だったので、むしろ隣を通ってくださった時に感じられた肉声の響きが嬉しかったかな。
周りの方々のソワソワ感を感じているのが楽しかったかも。


で、またもやノジコさん登場wwww
「縛られたくないの。私は縛りたいけど」とかS発言してはウフウフ笑ってたノジコさんでした。
『許し』は最後の「借りたほんなくしたこと許してよ」の絶叫が忘れられないww
ちょ、ノジコさんインパクト強すぎです。
ノジコさん降臨中は野島健児さんは意識を失い中ということで(笑)


『Inspire』は 二胡奏者、野沢香苗さんからの曲。
本当にBELOVEDチーム(っていっていいのかな?)は、メンバーがメンバーのこと大好きだなぁ~と思うのはこんな時。
お互いの曲に刺激されて、刺激して。
そうやってまた新しい世界観を広げていったり、拓いていったり。
こういう感覚が彼ら、彼女ららしいなと思うところ。今度機会があったら原曲聞いてみたいなぁ~。
野沢さんと聞くと、いつも構ってくださる某Fさんを思い出すんですよね~(〃▽〃)
今回も、この曲を野島さんが選んだことで嬉しいかったろうな~と何故か私がニヤニヤしてました(笑)


続いては、もはや野島さんのライフワークになりつつある読み聞かせのコーナーwww
保育園や、小学校にボランティアで出向いて読み聞かせを行っている野島さん。
「こういう表現もあるよっていう一つの提示になれば」
「次の世代、その次の世代人々が、今の自分よりもっと幸せになって欲しいと思って、もっとわかりやすい表現で、子供に伝わるような作品をつくりたいと思って創りました」
『ラジーと魔法使い』は確かに『ねむるまえのゆめ』よりもメッセージ性の強い作品だろうなぁ~。
というか、野島さんが常々口にしていらっしゃる「コトバ」の武器性と薬性…そういった部分をスパンと伝えてくださるお話ですよね。


だからこそ、今回話してくださった右脳と、左脳のお話が興味深かったです。
「音楽は右脳で感じ取るもの。コトバというのは左脳的で、頭で考えてしまう。
 だえけど、音楽というものはスッと入ってきて右脳で感じ取れる。
 そこにコトバを載せて、伝えることが好きなんですよね。だから曖昧なコトバを選んで詩を作ってます。
 人の心音や鼓動も音楽だし、人それぞれのリズムがあるので、それに載せるように伝えて行きたい」

的な? ことを伝えてくだださったんですね。肝心なところが本当にニュアンスで申し訳ないです。
野島さんがこう語ってるときに、野上さんがうなずいたり思案してるような表情をなさってて…
後日、某所で野上さんが「自分の世界感を説明するのが上手くなってる。」と書いてらっしゃって…
あぁ~本当にその通りだなと。
このコトバを聞いて、野島さんが目指すところ、やりたいことが前以上に伝わった気がしましたので。




そして最後は、野島さんの深い世界を…。
「「戦争反対」と直接的なコトバを遣うのは僕は嫌なんですね。
 だから、そいうモノはフィクションだったり、ぼやかしてコトバを選んだり。
 自分なりに伝えていければいいなと思ってます」

『東京上空』、『疑問』、『チューニングZERO』
この3つの詩は特に好きな詩だったりするんです。
特に『疑問』の「君の思う僕は君の想像 僕の思う君は僕の想像」ここがね。
この詩。浪川君とのプラネタリウムイベントで、こんな詩を読んで下さったんですね。
そのときから、このワンフレーズがずっと離れなくて。誰もが想像上の人でしかないんだって…。
だから本気でぶつかりたいと思うし、傷つくし、傷付けられるし…だけど知りたい。
でもどこまで行っても結局は想像でしかないのかもしれないって毎回グルグルと無限ループ。
『チューニングZERO』は相変らず野島さんの声の迫力を思い知らされるかな。
詩が、声が、どうのじゃなくて、「野島健児」に圧倒されるって感じかな?
これ聞いて鳥肌立たなかったことってなかったりするのですよ。
なので…なんだろう? 潜在的に響いてくる言葉達ばかりなんだろうなぁ~と。








そして、最後に…人前で歌うために初めて作ったという

ご自身作詞作曲の『one』

「1年前に祖母を亡くしまして…。
 僧侶の方が遠い親戚にあたるですが、その方からおばあちゃんの話を色々聞いて。
 90歳を過ぎて、亡くなってから初めて「ありがとう」といいました」

こんなことを語ってくださったんですね。
また訃報が届いたのが収録前で、気持ちを立て直すのに相当苦労したそうなんです。
あわせて、野島家のお話も少ししてくださって…昭生さんが満州生まれだということを初めて知りました。

同時に、あぁ~だからかと納得する部分も。
2007年8月の野島さんのコラム(このときは「メール」か)で野島家について触れてたことがありましたよね。
お爺様の遺骨のお話…そのときにお婆様のことについてもちょこっとだけ触れてらっしゃって…
野島さんってたまに衝撃的な文章を配信なさるので、このメール内容も、ものすっごい印象に残ってたんですよ。
なので、そのときの文章が頭にドバーーーッと溢れてきて…
そして、お父様が満州生まれということで…
昔、某冊子で「記念日といえば?」の問いに「終戦記念日」と答えていた野島兄弟を思い出したんです。
ナゼ野島さんがこんなにも「戦い」や「平和」について語り継いで行きたいのかっていうのがこういう背景を聞いて、繋がった気がしたんです。
ものすっごい大雑把な括りだけど、間違いなく「血」なんだろうなと。
色々思ってたことが自分の中で繋がった気がしたかな~。

曲はというと、あぁ~野島さんだなぁ~という感じ。
某ミュージシャンをリスペクトしてらっしゃるし、どこか沖縄の寂しげな風景も浮んでくるようで…
歌詞の内容も亡き祖母にストレートに感謝を綴った詞で…。
声のかすれ具合と相まって、ものすごく心に響いてきたかな。
今後、コノ曲を野島さんがどう育てていくのかが本当に楽しみです。そのたびに泣けそうだけど。


本当に、今回のステージは野島さんのワールド全開で…
『one』を歌いきった後の笑顔が達成感に満ちていて、よかったねぇ~なんて母心wwww
途中でご自身の詩達を見て「面白いな~」と呟いてたのが印象的でした。
あと、「たまに自分でも読解不能なんですけど」発言にも(笑)
楽しそうに、のびのびとやってる印象を受けたので、拝見できて幸せでした。
と、同時にやっぱり考えされされることばかりで…改めて深いな、彼の詩はなんて思わされました。
糧となりて身になれー!! お疲れさまでした♪←最後軽いな!!





























ただーーーーーーーーーーーーーーーーーーし!!!!!
野島さん……ファンのためにね、夜なべして手作りグッズ作ってくださるそのお心は本当に、本当に嬉しいんだ。
でもさーーーーーーー!!声を大にして言いたい。

とりあえず、 寝 て く だ さ い ! ! !

なんですかその目の下のクマ!! ピンスポだから余計に目立って、ちょっと見ていて痛々しかったのも事実。
午前中にもお仕事してきたんだろうなぁ~という感じで、声がかすれてたりもして…
普段あまりお水を飲まない印象なんですが、今回結構飲んでましてね、酷使されてるなと。
あれだけ噛むのも珍しいし、相当お疲れ溜まってるんじゃないかと…
う~ん、ファンのためにも寝て欲しい!!!!!!!!!
元気なお姿を見せていただくのが一番のファンサービスだよ野島さん!!
とか、どうしても思わずにはいられなかったかも。
でも、そんな野島さんだからこそあの雰囲気のイベントが作れるんだろうなと。
そして、ご利益ありそうだよね。ってことで、「ノジマモリ」手にしちゃいました。
40数個が限界だったご様子で、先着順ならいいや~~と思ってたんですが、
じゃんけん争奪戦とのことで、記念に~と軽い気持ちで参加したら勝てちゃった……
いいのかなぁ~と思いつつ、ありがとうございますvvv
20090919032722.jpg
色んな形があったのだが、もっともスタンダードなものを引くあたりが私っぽい(笑)



ただ、この「ノジマモリ」の物販を最後にしたんですが…
先着順だと思ったファンの方々が、イベント終わりに入り口に我先に状態になってまして…
椅子が倒れたり、中には怪我をなさった方もいらっしゃったようで…
う~ん…ちょっと怖いなぁ~と思ってしまった。欲しい気持ちはわかるんだけど…
イベント始まる前とかに販売方法を案内するとか、ちょっとした配慮が欲しかったかもですね。
全部が完璧っていうのは難しいかもしれないですが、今後に生かして行って欲しいなとおもいつつ…

ayaさんとも少しだけお話できたので、それも幸せでした~~。
みなさん本当にありがとうございました!!!!&お疲れ様でしたvv

さっ、次は日曜日♪ 一緒してくださる友人の方々またよろしくお願いします!!
イベント * トラックバック(-) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→














xx HOME xx

 Copyright © Southern Cross All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。