男性声優さんにハマってウン年…。テンション高めに綴っております。時々毒吐きますが、愛ゆえにってことで…
2017/03← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/05
いらっさいませ♪




これが正体!!

水実 (MINAMI)

Author:水実 (MINAMI)
野島健児
何気に長いことファンやってます。
我ながらしつこいww

基本的に男性声優さんに雑食気味。
その時のテンションにより愛が四方八方。
イイ声万歳ってことで許してください。

現在も「Z」祭りは開催中♪
ts_1_1.gifturi_icon_3.gif
  logo_icon_2_2.gif  logo_icon_1_1.gif
inu_icon_5.gifcp_icon_2.gif
主従関係がたまらんとです!!!
個人的メモ…VitaminZ 発売リスト(2015/2/6更新)




カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -





最近の記事




カテゴリー




コメント




リンク




御用の方はコチラから。

名前:
メール:
件名:
本文:




個人的お買い物予定?メモ。

2011年♪



xxSEARCHxx

xxINFOMATIONxx

    xtoz_m3.jpg


    スカーレッドライダーゼクス応援中!


    ユア・メモリーズオフ
Welcome to Southern Cross !!
自分のハマりやすい性格に自身で振り回されてたりwww
まぁそれも人生。流れるままに流されてみようかなぁ~。まったり、まったり。



スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


選ばれし者は、皆を守り、光へと導く強い存在だ… 
2009/09/07 /02:31
20090906232000.jpg   20090906231957.jpg

先日のLIVEで野島さんが「あの舞台に立てるのが楽しみです」的なことを仰ってまして…
その意味がわかった気がする。
あの壮々たるメンバーの中に、あぁやってイイ役を頂いてそこで演技をしてくださってることが嬉しかったかな。


今日はサイバーさんの朗読劇「風-KAZE-」に行ってまいりました。


ガッツリと「野島健児」たる演技を感じたかった身としてはありがたすぎて、幸せすぎました。
改めてこの人の演技がやっぱり胸に刺さるなと…。なんだろうね、この感覚は。
家に帰ってきて改めてパンフレットを観たんですが…
撮影のエピソードに「悲しい表情のリクエストが多かったため、悲しい気持ちになって涙が…」
えっ、野島さんコレもしやマジ涙???
だとしたら相変らず……………。もう、本当にありがとうございます。
だからなんだろうなぁ~野島さんの演技に弱いのは。






あっあと個人的に…
日野君とのコンビがみれて嬉しかったなぁ。無条件で『シャナ』を思い出させてくれる…
いい先輩してるみたいでホカホカ。
なんだか彼と接してるときの野島さんの表情を見てるのが楽しくて仕方なかったり。
も~あの二人の並びにニヤニヤが止まりませんでした←変態がいます!!
共演あざーーーっした!!!
んでもって、寺島くんとこのブログみたら…野島さんwwww 気持ちはわかるがね(笑)
まさかのてらしー裸眼は衝撃だったからなぁ~。

   




ってなわけで、どこまでどう感想書いていいのかわからないままに書いてたらやっぱり酷いことに。
なんで毎回こうも長くなるのかなぁ~。真面目に反省。
以下、ネタバレ満載でお届けするので苦手な方はご注意を!!!!!!!!
申し訳ないです。
そして、前回公演「花-HANA-」を見に行ってよかったとメッチャ思いました。
誘ってくださった友人に感謝vvv
そして本日お会いできた友人たちにも感謝~。色んな方に会えて楽しかったですvvv



















朗読劇はどこまで書いていいのかな? DVD化されるのでネタバレ的なことって書かないほうがいいのかな??
まぁヤバイかなって思うところは反転しつつお届けしますね。
そして野島さんファンですからね…スイマセン彼のことばかりになると思うんでお覚悟を。



前回の「花-HANA-」公演の続編にあたる今作品「風-KAZA-」。
前作から9ヵ月後の現代から物語が始まりまして…

スッカリ立ち直りつつある竜也は世界の放浪の旅へ。それを喜ぶ叔父の悠一郎。
そんな彼の元に一通の手紙が届く…。
8年前に飛行機事故で亡くなったはずの、竜也の父であり、悠一郎の兄直行からだった。
そこに印されていたのは、いつの頃からか「安土」の長男は短命であるということ。
そして時には「流されるままに身を任せるのも必要」だという謎のひとこと…
この手紙がきっかけで、悠一郎はある場所に飛ばされてしまうことに。


その場所とは遥か遠い未来の地球に存在する砂の王国、楼蘭。
そこは地球の変わり果てた姿。人間が自らの手で滅ぼした地球の末路の国。
悠一郎はそこでライナ・ガーシャ・ドミナス・セルナードと再開を果たす。
竜也の苦しみを救ってくれた4人との再会。
そして、突然楼蘭に飛ばされ戸惑う悠一郎の元に楼蘭の若き王子・カラが現れる。



―一端ココで切りますかね(笑) う~んこういうの苦手←ヲイ
ライナたち4人は楼蘭の「近衛隊商キルガ」と呼ばれる特殊な力を持つ精鋭部隊。
前回から衣装がチェンジしてまして…
日野君が演じますセルナードがキラッィラしててまさに夜の蝶に(笑)
ガーシャは赤と黒のカラーは変わらずで、元はよさこいの衣装として使われてるものを着用してまして。
ヒラヒラしててきれいだなぁ~とか思いつつも、個人的には前回の方が←ヲイ
ライナは黒から白にチェンジしててビックリ~。
役者陣曰く、楼蘭に戻るとオシャレになるんじゃないかとの推測がww ちょ、そんな裏設定イイww
楼蘭に飛ばされて戸惑う悠一郎の成田さんと、絡んでいくガーシャ千尋君の距離が近い、近いww
というか「おっさん」とか「わかってんじゃん」とか軽口叩けるのはガーシャだからよね♪
そんなちょっとコミカル場面に、王子様登場。
まさかの白煙の中からの野島さん登場でオイシイなぁ~~とか思ってましたら 服 装 が !!
どーーーみても私には「三蔵法師」にしか見えない罠wwww
王子っていうか、徳の高い僧のようよね。真っ白な衣装に金の刺繍で王族っぽかったかな。
意外としっかりした、芯の通ったお声で嬉しかったな。
「王子」って役だとちょっとフンワリとしたお声って場合もあったからね。さすが戦乱の国の王子。
この声で演じてくださるんだと思ったらもう、俄然テンションが上がるわけですよ。ものすっごいドンピシャラインですから。



竜也が自ら、キルガの4人のことを思い出さない限り、現代の彼らをこちらの世界につれて来ることは不可能。
だが、悠一郎は楼蘭にいる。それはナゼなのか。
そこに突然、楼蘭の決壊を破る波動が押し寄せてくる。
それは地底王ヴェルガからの楼蘭を滅亡させるという宣戦布告。
国を救いたければ、『キセキノコドモ』をつれてくるということ…
楼蘭に響くヴェルデの声……悠一郎にはその声に聞き覚えがあり――



まぁ色んな部分を端折りまして、こんな感じで。いや、真面目にストーリーまとめるの下手でね。
これ以上はちょととネタバレになるので、ストーリーは置いといて、役者さんの感想に意向♪
気になる方はゼヒともDVDを!!!!!!←販促活動(笑)

実はヴェルガの元には、任務中に時空の歪みに落ち行方不明になっているガーシャの兄リアードが囚われてたりするわけで…
ここのシーンのガーシャの悲痛な叫びが鳥肌モノ…千尋君の演劇人としての熱が爆発してましたね。
「兄さぁぁぁーーーーん」と空に向かって叫ぶところは圧倒されすぎてもうどうしたらいいのやら。
神谷さんも声の出演とは言え、優しげで、儚い感じがもうね…なんという素晴らしい兄弟だ!!

ヴェルデはカラにも絡んできまして…
民が苦しんで死んでいくのに、王であるクガラは100年を過ぎても生き延びている…
その矛盾と、カラの凡庸さを煽ってくるわけで…
「王を越えたいか、楼蘭の若き王子」のあおり文句は痛々しかったかなぁ…。
王のことを言われて、苦しげな表情で「黙れ!」と立ち向かうカラに先ず圧倒。
あぁ~野島さん相変らずイイ声量してるな…。思わず鳥肌立ったよ…ありがとう。
ヴェルデに戦いを挑もうとするキルガの4人…悠一郎に協力を求めるカラ。
ここでね、カラの置かれてる状況が自らの言葉によって吐露されるんですが……

あぁ~ や っ ぱ り 野 島 さ ん っ て そ ん な 役 ! ! !

この発言だけでネタバレも同然ですよ!! 
嫌な予感はしてたけどさ(笑) もう彼らしすぎてどうしたもんかとね。悲しい宿命だ…。
まぁ~でもだからこその迫真の演技で…特に夜がキタなぁ。
ただ送り出すことしかできない自分に打ちひしがれても、王子である以上、強く高潔であれ。
痛々しい中にも揺るがない、揺らいではいけない意志の強さが感じ取れるセリフばかりでしたね。
「太陽と同じ威力を持つ兵器を使い、世界を滅ぼした…」
「長い間闇に覆われ、やっと光が差したと思ったら、そこは変わり果てた大地になっていた」
「私は不思議に思う。なぜ人類は豊かな水と緑を自らの手で滅ぼしたのか」

この3つのセリフが特にガツンとキタかな…。特に前者の2つセリフは色々考えさせられたよ。9月ですし。
それとやっぱり…「力を貸して欲しい。そのときに私がもういなくても」これはね……。カラ王子~~(涙)
で、1番涙腺崩壊したのが……キルガの4人を送り出すシーンかな。
ライナ・ガーシャ・ドミナス・セルナード…1人ずつ名前をしっかり読み上げましてね…

「必ず…生きて戻れ」

だぁぁぁぁぁぁ~~もう!!!!(以下:脳内で広がった妄想。ネタバレあるんで反転)
ちょ、王子!そんなこと言って、そんなこと言って!!
彼らが帰ってきたときに、もしかしたら貴方がいないかもしれないんでしょーーー!
切な過ぎるよその発言……。彼らが守りたいものには絶対に貴方も入ってるのよぉぉ~
←残念な脳
カラ王子の決意と、戦士を送り出す勇気に感動させられましたね。
野島さんのあの声の振るわし方とか、強弱のつけ方が…確実にヘロQさんの舞台から進化してらっしゃる!
王子って辛い立場ですよね…。戦地に家族同然のモノ達を自ら送り出さなきゃいけないわけで…
竜也のことを心底羨ましがってもいるけど、それは自分ではないこともわかっていて…受け入れていて…。
強さと悲しさが混在した、ある種穏やかな王子でしたね。
いい演技をありがとう、野島さん。またもや貴方に泣かされたよ…はぁ~困ったもんだ。  


そして、キルガの戦士達がまたねぇ~1人、1人背負ってるものがまた大きくて。
今回はガーシャがピックアップされてたかな。たった二人の家族を助けにいくために、キルガを離れ1人で旅立とうとする…
それを止める隊長であるライナ。
過去にも同じようなことがあったらしく…回想シーンで殺陣役者さんによる演技がありまして…
それに声を当てる千尋君と平川さん。いやぁ~4人とも息がピッタリでビックリ。
戦う2人を見てて…
ほっほ~~ライナ隊長はフェンシングを元にした剣術で、ガーシャは示現流の構えに似てるなぁと←
ガーシャのキメ技が逆手になったのは剣舞を思い出してカッコイイvv とか思っちゃった。
彼の戦い方は舞ってるみたいで素敵だなぁ。
はい、アホでスイマセン。剣舞好きなのでどうしてもね(笑)
パンフをパラっとみてて「殺陣」とありまして、えっ役者陣やるの?って思ってたらプロだった罠。
これ千尋君ならできるじゃないかな?? 次回期待してます!


ってことで……まさかの3部作構成なつくり!!!
戦いに赴く4人の旅立ちで終わってビックリしたがな!!!!!!!!
そしてやっぱり例の「ローラン!!」はどうしても笑ってしまう。ナゼそこだけ戦隊ものチックwww
いや、いいですけどね。
しっかしモヤモヤが残る終わり方で…こっこれ続き!!続きは!!とバタバタしました。
もうトークとかどうでもいいから、続きを上演してくれよとかリアルに思ったよ。
だってねぇ~~~さすがにアレは(笑)
でも朗読劇見てて、これは竜也役の潤さんいなきゃどうしようもない展開だなぁ~って思ってたので、予想通りっちゃ~予想通りでしたがね。
次回に期待!!!!!!!つーか今回のこれで、某方は次回に出て来て欲しいと切実に!
ラスボス、ラスボスwwww

セット一つとっても非常にクオリティーの高いステージで…サイバーさんの本気を感じる。
集めている役者さんも演技がしっかりしてる方々だらけですしね。
スゲーよサイバーさん。さすがのキャスティング能力。
舞台スタッフさんとかもガチすぎて怖いくらい。いやぁ~「朗読劇」以上のものを見せていただいた気がします。
ありがとうございました!!!!!!! 絶対続編やってくださいね!




さ、真面目なお芝居の後は10分間の休憩を挟みましてフリーダムなトークコーナー!!!!!!!


客席から登場なんですが、昼・夜でキャストのみなさんの出てくる位置が変わってまして…
わぁ~お。どっちとも野島さん遠いな(笑) 
んでもって、毎回平川さんが近い謎wwww なんだろうこの引きは。
やっぱり野島さんを目で追いかけてしまう残念なファンなんですが…
夜の部が!!! ステージ降りるちょっと前に合流地点があるんですが…
お客さんに手を振りながら歩いてるわけで…前方から同じく手を振りながら向かってくる日野君とあわやの接触(笑)
お互い驚きながらも、何故か両手でガッチリ握手ww わ~~そのツーショたまんない!!←ヲイ
寺島君と一緒にステージに上がる感じだったんですが、寺島君ってば野島さんに先に譲ってて…
おぉ~なんという素晴らしい後輩。
色んな関係性が見れて楽しかったです←
で、夜の部はもう友人達のおかげでメッチャ楽しかったです。いやぁ~2人ともGJだよ!!!
気付いた時の野島さんの笑顔、おこぼれで頂いちゃいました。ゴチ!!! 愛だな、愛(笑)



トークは嵐のような成田さんがいらっしゃるのでねww カオスwww
最初に舞台の感想を。
寺島君が「こんなスゴイステージで、素敵な先輩方と共演できて嬉しかったです」と仰っててね…
なんという素敵な方!!! やっぱりてらし~イイなぁ。
千尋君も「ステージが大好きで」と仰ってて、あぁ~彼は本当にそんな感じvv
ステージで動き回ってるお姿が生き生きしてますよね。
他の方々も、台本がちょと邪魔そうだったんですが、台本を持ってこその朗読劇ってことでね。
みなさんセリフほとんど頭に入ってらっしゃる感じでしたものね。
千尋君、平川さんあたりは本当に台本いらなかったんじゃww

野島さんは野島さんで、相当衣装が気に入ったご様子で…
昼の部で踊りだしたときにはどうしようかと! 養成所で舞踊やっててよかったねとか思っちゃったじゃんか!
と…いうか…今回野島さん本当にどうしたの???って位前に、前に出てきてましてね。
椅子一つ動かすにも小ネタ満載で! 色々お世話を焼いてくれた日野君と寺島君に感謝ww
夜の部ではまさかの松本さんにお世話やかれてて…なんというオイシイキャラクターだ(笑)
この辺はDVDに入っててくださると思いますので、ゼヒ観て欲しいかもねぇ~。
Viva王子というポジションwwww
んでもって成田さんはねぇ~舞台って生き物だよね!!ドンマイ!!!
何気に1番ビックリしたのは寺島君だったと思われ~←

昼は平川さんと成田さんが司会のはずだったんですが、相変らず成田さんフリーダム!!
平川さん毎回お疲れ様だなぁ~。
昼では「これがあれば生きていけるものはなんですか?」に「水!」と最初からオチみたいな発言で飛ばす日野君でした。
そら~そうだわww 野島さんの「東京都」ってあたりもなんかもうネタwwwwww
「衣装を着ないでと着てでは演技に違いはありますか?」との質問は、みなさん役に入りやすくて、テンション上がるって仰ってましたね。
野島さんの「アフレコも全部衣装着てやれば」発言には笑った。えっ、ある種コスプレですがwww

夜は「演じたキャラがもし現実世界で生きていたらどんな職業に就いていたと思いますか?」とうことで…
ユーリスが衣装からして「お母さん」ってヲイ!!
ガーシャ役の千尋君が「屋台でイカ焼いてます」に爆笑。似合いすぎるwww
セルナードは心が読めるということで、弁護士。夜はモチロン歓楽街のね(笑) 日野君素敵だよ。
ドミナス松本さんはバーテンダーww 広い心で疲れたOLさんの愚痴を聞いてくれるそうですよ。よっナイスミドル←
カラ野島さんはご衣装からして牧師さん。「神のご加護がありますように」とねv
千尋君が「僕は救われますか?」とか子芝居に乗ってくださって嬉しかったかな~。

もう一つは心理テスト♪
「赤い薔薇と白い薔薇が全部で合わせて100本作って、赤何本、白何本で作りますか?」
これまぁ有名なんでね「S」と「M」どっちかってことなんですが…
モノによって赤が「S」で白が「M」。赤が「S」で白が「M」と別れててね…
今回は前者の方でした。コレの比率はまぁ~DVDで(笑)
野島さん&千尋君vs平川さんでした~。
寺島君の「ロマンチックS」とかよくわからんww ここでも子芝居してくださったんですが…
黄色い歓声で各自が何を仰ってるのか全く聞こえず…残念すぎる~。
ただ、日野君が最後とっても美味しいところ持ってきました。
成田さんの「おじさんをナメるなよ」がツボに来ていけない!というか、松本さんと成田さんGJすぎる。

そんなこんなでフリーダムでいてカオスなトークコーナーは終了。
お1人ずつの挨拶が入りまして、サイバーさんだと毎回恒例になるのかな?
キャストの方々が客席に下りて、プレゼントタイム♪
いや…ホント…スイマセン。何を血迷ったか、昼の部で野島さんの頂いちゃったんですよね…。
ちょっと目が合ったので、それだけでもラッキーって思ってましたら、最後の一つがちょうど落ちてきてビックリ。
キャッチしたところを下に座ってた友人達にバッチリ見られてたって言うオチつきでwww
色々残念すぎる妄想トークを繰り広げてきました。ありがとう野島さん♪
20090906232002.jpg
夜は真逆の方向だったので、日野君を監視。プレゼントが入っていたゴム製のバケツ(?)を投げたときには何事かとビックリしちゃいました。
おぉ~サイン入り♪ レアっちゃ~レアだけど持って帰るの大変そうだなぁ~とかどーでもいいこと考えてました←ヲイ
昼は野島さんと日野君が同じレーンから捌けてたんですが…
日野君ってば野島さんの肩に顔乗せてたりとかして…!!!!!!!!!!!
ぬぉぉっぉ~可愛いんじゃーーーーーーーーーーーーーーー!!とか悶えてました。
もうなんか終始このコンビにやられてた気がします。はい、残念な脳でゴメンナサイ。
キモイよね~。自分でもそう思う←ヲイ
もうホント、今日はこのお2人にヤラレマシタ。あぁ~いいなぁ~ここのコンビも。
日野君!これからも野島さんをヨロシクお願いします←ヲーーーーーーーーーーーイ!!


本当にキャストのみなさん、スタッフさんたちの熱い熱が感じられる素敵なステージでした。
やはり役者さんは生の演技が一番ですね。
みなさん、感動と笑いをありがとうございました!!!!!!!!!!!






































さって、この先はちょっと独り言的なことを~♪ 
この舞台を見ながら思ったことがあったんですよね。
これもあくまでも個人的意見なのであしからず。

私の中で、「この人なら大丈夫」って絶対の信頼と安心を抱いてる若手…というかもう中堅かな?
そのお二人が、野島さんと福山さんだったりするんです。
なのでこのお二人の演技の共演をズット待ち続けていて…それが『イヴの時間』で叶い、花男でも叶い…
そこにきてコレ。
見ながら感じたことは、この二人は表裏だなってこと「動」と「静」。「太陽」と「月」。
そんな印象を受けたんです。
潤さんが演じる竜也は、辛い過去を乗り越えて、これから明るく強く生きて、苦しみもがきながらも光を届ける存在。
野島さんが演じるカラは、自分が何も出来ないことを嘆いて、でも強く誇り高くならねばならなくて、それでも消え逝きそっと照らし続ける存在。
この違いなんだな…と。なんだかそんな風に感じてしまったのでした。
キャラ的にも、演じ方、声質的にもね。
よく神谷さんと競合に囚われがちな野島さんなんですが、私の中ではどちらかというと潤さんなんですよね。
全く違うっていうのも解ってるんですが、でもやっぱりいつも思うところがあって…。
今回このお芝居を見て、あぁ~だからあの二人のめぐり合う役は違うのかとストンと落ちてきた気がします。
うまく言えないんですがね…。
だからこそ思ったのが、ゼヒこの朗読劇を通してのお二人の生の演技の共演。
福山潤vs野島健児を切実に観たいと心から思ってしまったんですよね。いや、戦いじゃないんだけど。
このお二人がマイク前じゃない、生で感情をぶつけ合ったときにどういう「熱」を見せてくださるかに純粋なる興味と、期待が……。
絶対面白いと思うんだぁ~とか勝手に妄想してしまってたり。
おぉ~ゼヒとも続編が決定した暁には実現して欲しいな、欲しいな!!!!
竜也とカラが絡むかは謎だけどwww
そして、我がままいうなれば、カラの運命は変わらないでいて欲しいと(笑) だってあれでこそ野島さん←
夢は夢のまま終わるか。現実になるか…それはサイバーさんのみぞ知る…よろしくお願いします!!

っと、なんだか分けのわからない終わり方をして逃げてみます!!!
相変らず感想にもなにもなってないのはご愛嬌ってことで!!スイマセンでした~~。
イベント * トラックバック(-) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→














xx HOME xx

 Copyright © Southern Cross All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。