男性声優さんにハマってウン年…。テンション高めに綴っております。時々毒吐きますが、愛ゆえにってことで…
2017/08← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/10
いらっさいませ♪




これが正体!!

水実 (MINAMI)

Author:水実 (MINAMI)
野島健児
何気に長いことファンやってます。
我ながらしつこいww

基本的に男性声優さんに雑食気味。
その時のテンションにより愛が四方八方。
イイ声万歳ってことで許してください。

現在も「Z」祭りは開催中♪
ts_1_1.gifturi_icon_3.gif
  logo_icon_2_2.gif  logo_icon_1_1.gif
inu_icon_5.gifcp_icon_2.gif
主従関係がたまらんとです!!!
個人的メモ…VitaminZ 発売リスト(2015/2/6更新)




カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





最近の記事




カテゴリー




コメント




リンク




御用の方はコチラから。

名前:
メール:
件名:
本文:




個人的お買い物予定?メモ。

2011年♪



xxSEARCHxx

xxINFOMATIONxx

    xtoz_m3.jpg


    スカーレッドライダーゼクス応援中!


    ユア・メモリーズオフ
Welcome to Southern Cross !!
自分のハマりやすい性格に自身で振り回されてたりwww
まぁそれも人生。流れるままに流されてみようかなぁ~。まったり、まったり。



スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


監督の頭の中を覗いてみたい… 
2009/03/29 /23:25
【23時30に劇場前で】


なんだこの待ち合わせwwwwwwww
中々ないよ、こんな時間に野島さんにお会いできるって。
ってことで、『イヴの時間 act03』 DVD発売記念 特別オールナイトに行ってきました。
友人のおかげで本当に良席…ちょ、目の前、目の前!! ありがとうございます!!!
本当にねぇ~私は友人に恵まれてまして。一緒にいられることが幸せすぎる…。
いつも構っていただいて、ありがとうございます。

6時ちょっと過ぎに家に辿り着きまして、洗濯してる間にドラマCD1枚聞いて…(これは次の記事にでも)
ボーっとしてたら寝オチしてた模様。
はっと目覚めて、お掃除してバタバタして一息ついたし~ってことで『Vitamin』オープン。
20090329231517.jpg
さっやろう!!!と思ってTVつけたら!!!!!!!!!


今日はF1の開幕戦でした。 


葛藤の後にF1を選ぶ自分。ゲームは逃げないぞ!!
レース後にゲーム始めようと思ったけど、あぁ夜はフィ/ギュ/アが…あれ??
ビタミン補給が遠のく一方じゃないかwwwwwww




※以下、イベント感想を。
ただ、本当に今回ちょっと虚覚えでして、話題があっちいったり、こっちいったりしてます…
思い出したことを順に書いてるのでご勘弁を(笑)
また思い出したことがあったら追記するかも~~。とりあえず今はこれだけでも。





☆拍手ありがとうございました!
知らない間になんだかパチパチいただけてまして…感謝すぎます。
本当に最近、こんなに頂いてイイのかと戦々恐々。見合えるだけのモノが全く提供できてない体たらくなんですが…
今後もこんなマイペースで何にも考えてもないアホな文章を書き散らかしていくと思いますが…
よろしくお願いします!!












20090329231521.jpg

予定時刻より遅れること15分。
『イヴの時間』の01~03までを上映後にトークショースタート。

司会としてアニメ評論家の氷川竜介さんがいらしてまして…その方からの紹介で吉浦監督と野島さん登場。
野島さんが珍しい格好をしてまして…
ジーンズにグレーのロンTにグレーに赤・白・黒が少し混じったマフラーを。
おぉ~素敵、素敵って追っかけてました。

司会の方が吉浦監督大好きっぽくて(笑) 
技術的なことからこの作品を作ろうと思ったことなんかを聞いてくださいました。
連作を作ってくれとオファーがあったらしく、どうしようか迷っていたときに、
元々SFと1シチュエーション作品が得意だったので、それを組み合わせれば出来ると思って創り始めたそうです。
キャラターの話になりまして…まずはキャスティングのお話から。
作品を作ることになって、声をお願いする人には最初からある程度ハードルを高く上げてた模様。
「人気があって、演技がしっかりできる人」ってことで探してたらしいです。
我がままにキャストをお願いしたら、一考で全員通ったそうで監督自身もビックリだったとか(笑)

「野島さんの演技って、役ですから作ってる部分はあると思うんですけど、その上でもナチュラルなんですよね。
 だからこそ出るリアリティーがマサキにピッタリだと思ってお願いしました」
野島さんファンとしてはものスッゴイ嬉しい一言じゃありません??
やっぱり彼の演技って、「演技」って聞こえない部分があるんでしょうね。
どの役をやらせても本当に自然に聞こえてくる感じ。こういう部分が私も好きだなぁ~って思う演技の部分。
それを認められてのキャスティングって知れて本当に嬉しかったです。
また監督がこうやって話してる時の野島さんの表情が嬉しそうで、それ見てるのも楽しかったなぁ♪

また、友人とマサキって『ぼくらの』カンジに似てるよね~って話をしてましたら…
監督自ら、
「サンプルを色々聞かせていただいたんですが、『ぼくらの』を見てマサキは野島さんって決めました」
あぁ~やっぱり(笑)
だって本当に声のトーンにしても、立場的にしてもそんな感じですもんね。
それに対して「あぁ~カンジ!! だからこんなにスッと役に入れたんですね」な野島さん。
ご本人が一番気付いてないって、さすが野島さんクオリティー。それでこそ貴方だと思うよ。
でも本当に野島さんも演じやすいご様子で…資料があまりもらえてない状態から役作りをしたそうなので、本当に自由にやっているとか。
その中でも影を持たせるというか、何かあることを匂わせるようには心がけているご様子ですが。

ここでかな?
吉浦監督が、野島さんに資料が渡ってないことを初めて知ったみたいで「本当に何も渡ってなかったんですか?」と。
野島さんの手に渡ったのは台本と、過去の作品『ペイル・コクーン』の2つだけだったとか。
過去の作品をみて…
「監督の持つSFの中にある、不思議な柔らかさと現実感を表現できたら」と思ったとか…仰ってたよね?
(この辺自分の記憶が曖昧すぎます)


主人公のリクオは吉浦さんの青春時代を投影したようなキャラなんですって。
そして、マサキは学生時代になりたかった人物像。
何気に物語のキーワードを握ってると思われるマサキ。
野島さんのお話がものスッゴク感慨深かったです。
このお話を見てて思うことは会話のテンポだと思うんですよね。普通のアニメより早い、早い。
なので、野島さんは台本を暗記して収録に望んだとか。
また01話に関しては収録も狭いスタジオで福山さんとほぼ2人で撮ったとか。
その後はみんなで撮ってるらしんですが、みなさんテンポにバッチリ合わせてくるので吉浦監督が感動してるらしいです(笑)
本当にキャストのみなさんもテンポにこだわってる様子が伺えました。
また監督も、02話以降は当て書的なことをしてらっしゃるご様子。
「野島さんだったらこういうだろうなって想像して書いてます」とな。
「だから喋りやすいんですね」って監督もアフレコの新発見があり、野島さんも監督からの新発見があったようで、この掛け合いをみてるのが面白かったかも。


アンドロイドやロボットについての野島さんの言葉が本当に感慨深くて。
詳しいことはご自身のブログでも語ってらっしゃる通り。

「実はロボット技術に人間の感情が追いついてなくて、だからこそ溝が生まれてしまう。
でもそう思うことは実は人間のエゴなのではないか。
人間がロボット技術に感情が追いつくことによって、共存できていくのではないか。
また、もしかしたらロボット達も人間がそうなるこをを望んでるんじゃないか」


こんなことを仰ってました。
ご自身でも頭の中でまとまってなかったご様子だったんですが、ものすっごく一言一言を考え抜いて語ってくださってる印象が強かったです。
またこの考え方が野島さんらしい発想というか…
そう思ったのが炊飯器の「ご飯が炊けました」と喋る機能からだったりとかね(笑)
やっぱり野島さんの思考回路って自由だなぁ~って聞いてて、ただただ感心。
吉浦監督も「まさにそんなようなことを目指して作ってます」と。

今後の展開についてもチラっとだけお話してくださったんですが…吉浦監督から気になる一言が
「リクオに始まって、マサキに終わる作りになってます」と。
おぉ~これはファンとしては楽しみすぎる一言ですよね。

改めてスクリーンで見直してね、作品はモチロンのこと、声ファン的に言わせて貰うと…
本当に福山さんと野島さんの演技力が安定してるなぁ~と。
あのテンポで、あの狭い空間の中のお話。(学校や家を省いた『イヴの時間』内ってことでね)
その中で2人の持ってるリアル的でいて、アンリアルなお芝居。
イヴを見てると、役者陣の演技力の高さも作品の質を謳ってるなってつくずく思います。
野島さん的にもこういう作品に出会えて、また一段と演技力の幅が広がったんじゃないかなぁ~と。
マサキから発せられる声が楽しそうなんですよね。
そういうのか感じ取れる作品で、今後が楽しみです。
で、実はこの作品……本当の本当は6話完結ではなく、12話完結 な ん だ と か !!!
応援次第では続編も!!!!!!ってことなので、ガンガン応援していきたいと思います。



トークショーは1時間だったんですが、野島さんがおっしゃってたように大学の講義みたいな感じで。
監督のファンが多かったせいか、質問が技術的なコトが多くて新鮮でした。
分からないことだらけだったけど。
ただ、吉浦監督がスッゴイ素敵な方でねぇ~。あぁ~こら~ファンが多く付く気持ちわかるわ~と思ってました。
休憩時間にはサイン会も開いてくださって…折角なのでサインしてもらっちゃった♪
20090329231519.jpg
友人に頼まれた物も勝手にあけて2枚書いてもらったり(笑)
監督とちょっとだけお話できて嬉しかったかな。

その後ロビーでまった~りしてたら 野 島 さ ん ご 登 場 ! ! ! ! ! ! !
相変らず普通に出てる来るな~コノ人って友人達と笑ってしまったり。
今回は作品ファンが多かったから大丈夫だろうっていうスタッフの判断だったのかな?
ちょっとだけですが野島さんにご挨拶できたので嬉しかったです♪
気付いてくださったみたいで、幸せ感じてました。


その後は吉浦監督の過去の作品、の上映。
イヴのモデルとなった作品『水のコトバ』と『ペール・コクーン』。
『水のコトバ』は本当にイヴの世界だぁ~と思って興味深く見せてもらいました。
『ペール~』については、野島さんも仰っていた通り、吉浦監督の頭の中はどうなってるんだろう!!!って感じです。
圧倒的な想像力にただ、ただビックリ。スゴイ人なんだなぁ~という印象しかもてなかった!!
いい作品見せていただきましたよ、本当に。
その後のはねぇ~衝撃過ぎて語れない(笑)
あの時間にあのユーロビートであの絵はねぇよ(爆笑) 自らD級とか名乗ってるだけあるなぁ~衝撃的すぎます。

あぁでも、加藤隆さんの作品が見れたことは正直に嬉しかった。
この方の世界観も何気に好きだったので、機会があれば見たいなぁ~って常々思ってたのでした。
本当に考えさせられる内容で…
TVで放映されているアニメに慣れきってる身としては、こういう短編フィルムアニメって難しくて、感覚掴み辛かったんですが…
新しい発見とか、衝撃とかたくさんあっていい経験だったかな。
最後の30分はさすがに力尽きたけど…あの時間に字幕はキツかった……

ってことで5時ちょっと過ぎに終了♪ ちょっとだけ外が明るかったのがなんともノスタルジー。
ただ、寒かったのでちゃっちゃと撤退。
お疲れ様でしたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!




改めて、やっぱり私は演じて野島健児が好きだ何だなぁ~って思ったかな。
こうやって役について語ってくださるのを聞くのが本当に嬉しかったです。
これが聞けただけで行ってよかった!!!!!!!
イベント * トラックバック(-) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→














xx HOME xx

 Copyright © Southern Cross All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。