男性声優さんにハマってウン年…。テンション高めに綴っております。時々毒吐きますが、愛ゆえにってことで…
2017/03← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/05
いらっさいませ♪




これが正体!!

水実 (MINAMI)

Author:水実 (MINAMI)
野島健児
何気に長いことファンやってます。
我ながらしつこいww

基本的に男性声優さんに雑食気味。
その時のテンションにより愛が四方八方。
イイ声万歳ってことで許してください。

現在も「Z」祭りは開催中♪
ts_1_1.gifturi_icon_3.gif
  logo_icon_2_2.gif  logo_icon_1_1.gif
inu_icon_5.gifcp_icon_2.gif
主従関係がたまらんとです!!!
個人的メモ…VitaminZ 発売リスト(2015/2/6更新)




カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -





最近の記事




カテゴリー




コメント




リンク




御用の方はコチラから。

名前:
メール:
件名:
本文:




個人的お買い物予定?メモ。

2011年♪



xxSEARCHxx

xxINFOMATIONxx

    xtoz_m3.jpg


    スカーレッドライダーゼクス応援中!


    ユア・メモリーズオフ
Welcome to Southern Cross !!
自分のハマりやすい性格に自身で振り回されてたりwww
まぁそれも人生。流れるままに流されてみようかなぁ~。まったり、まったり。



スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


血を吐いてでも続けてきたからこそ… 
2008/07/22 /12:48
突発的に参加を決めた郡山。
金曜の朝に連絡をもらって、それからバッタバッタと新幹線やらバスやら時間やらをチェック、チェック。
福島出身の友人とか、郡山の学校に通ってた友人に色々聞いて、結局新幹線に。
20080720120612.jpg    20080725123051.jpg


すっごい早く目的地へ到着。

東京と違ってからっとした熱さで過ごしやすい。駅前がまた田舎の商店街って感じでなんか懐かしかった。
いいな~これ。
会場に1時間前ぐらいに待機してたんですが、他に来る人が見当たらなくて笑ってしまった。
みんなガツガツしてないんだなぁ~(笑)
おかげさまで先頭をキープ。最前列正面で見れることに…はわわわわ~ドキドキ。
会場は机が置いてあってそこに着席だったのでなんだかセミナーみたい。
えっメモ取りながら聞いてもいいですか!?
ちょっと時間押してイベントスタート。福島の地元ローカルアナウンサーが今回のイベントの趣旨を伝えてくださり…
そっか~記念ってことで野島さん呼ばれたんですね~。うんうん、いいことだ。
ではでは『PAF2008開催!~郡山駅前広場完全ジャック~ 野島健児のアニメトークショー』へ行って見ましょう!!!


ちょ、以下メッサ長くなってしまいました!!!!!!!!!
短くまとめるつもりだったのにダラダラ、ダラダラ書きすぎた。
でもこれでちょっとでも野島さんの魅力というか、考えが伝わってくれるといいな♪
で、この先が重要。
野島さんの仰った言葉を一字一句覚えてるわけではございません。
基本的に記憶力の乏しい子ですので…
こんなこと仰ってたな~っていうのを自分なりに解釈し、ニュアンス的な感じで書いてます。
その点はご了承ください。
20080725123053.jpg     20080725123049.jpg

黒のパーカーにドット柄のタンクトップという珍しい装い。
わ~ちょ、エロ!!!!!!!!とか思ってしまった私は逝ってしまへばいい。

進行役の地元アナウンサーさんから野島さんの紹介がありまして…
歴代の役名をちょこっとだけ挙げてくださったんですが、『BECK』の平義行(たいら よしゆき)を(ひらよしゆき)だか(ひらぎょうこう)だかと盛大に間違えておりまして。
私もだけど野島さんも苦笑っていうか大ウケ。いや~役名ぐらいちゃんと読めるように調べておこうよ。

トークショーの最初はイベント側が用意した「野島さんにこれだけは聞いておきたいこと」ってことでスタート。
まずは声優になったきっかけ。
これは色んなところで語っておりますね~。
小学校2年生で学校をドロップアウトしたところから順序だてて話してくださいました。
学校というものに馴染めなかった野島少年。みんなと同じ事をするのが窮屈だったそうで。
この辺からもう野島さんの性格形成はなされてたってことで(笑)
そんな少年が2度目の学校に通うことになったのが教習所。
今でこそ信じられないんですが、実は野島さん最初は車の運転が怖かったそうです。
「もしもを考えたら怖かったんですよ。人を轢いてしまうんじゃないか、事故を起こしてしまうんじゃないか、それによって誰かを傷つけてしまうことですから」と、これも野島さんらしい。
それでも「社会とのつながり」を持たなければと思い、吐く思いをしながら教習所へ。
いざ免許を手にすると運転が楽しかったそうで、それと同時に世界が開ける感覚を覚えたとか?
進路を考えた折、「自分は何がしたいのだろう?」と考えた野島少年は、幼い頃学芸会で体験した舞台の感覚を思い出し、お芝居に目覚める。
お父様の紹介で青二の養成所に入り、今にいたるそうです。
色々と野島さんらしいな~っていう発言が多くてほんわかしてしまいつつも、この人だから出来るんだろうなって笑ってしまう。
毎々同じ場所に通うわけでもなく、様々なキャラクターを演じられるということで声優というお仕事は天職だとも仰ってましたね。



続きまして声優の心構え。
ちょっと困った様子の野島さん。まぁ~ねぇ~イキナリそんなこと聞かれても…(笑)
ということで、声優の地位のお話に。
声優というお仕事は一般に知られているアニメやイベントのお仕事は全体の20%にしか満たないのとか。
他のシェアを占めるのはナレーションだそうです。
前に野島さんどこぞの大学の声の研究のサンプル撮りとかもやるっておっしゃってましたので、一般の人には触れないお仕事も多いんでしょうね。
そしてアニメで食べていくのは本当に大変なこと。
「青二16期で70人いたんですが、男性でこの業界に残ってるのは自分と、保村真ぐらい。確立でいうと1000人いて1人ぐらいしかアニメで食べていけないんです」
また認知の低い職業なのでカード一枚作れなかったり、ローンが組めなかったりと、多種多様な問題があるらしい。
それを向上させるために1つ1つの作品をクオリティー高く作っていくことが野島さんの心にはあるそうです。
また「この役を野島さんにお願いします」と言われるのが本当に嬉しいそうで、感謝の気持ちを忘れずに毎回演じてらっしゃるそうです。
そして感性を磨くこと。心を動かすことを大切にしてらっしゃるそう。
心を動かす作業というのはとても繊細で、ニュースを見るのも怖くなるのだとか。
入ってくる情報がマイナス過ぎて引きづられてしまうとも仰ってましたね。
「今はそうでもないんですけど、新人の頃は緊張してスタジオに着くまでに一駅ごとに電車を降りてはリバースしてました。吐く物なくなって最後には血を吐いたりとか」
笑いながら話てくださったんですが、野島さんの場合コレ真実だからわらえない。
未だに役に引きずられて嘔吐することあるらしいですからね~。だから死に役多いんだよ←関係あるか??
そんな思いをして今のご自身がいらっしゃり、声優業が「楽しい」と思えるようになっているそうです。
この「楽しい」って一言も、野島さん自身が喋ってるときにポロっと出てきた言葉だったんです。
「楽しいこは辛いことの上にあるもので、なんでこんな辛いことをやってるんだろうって思うことも多々あって、それでもやってるってことは楽しいんでしょうね。あっ今「楽しい」って言いましたね。声優業楽しいです」
ですって。ご自身でこの言葉が出てきたのを驚いてて、それがなんか微笑ましく感じてしまう。
野島さんって楽しいって思う前に真面目な方なので、責任感とかそういうものが前提に来てそうだったので。
感じてくださるのはプロとして当然かな~とは思いますが、もうちょっと肩の力抜いてもいいんじゃないかな??ってたまに思ってたんですね。
最近イイ感じに緊張感と責任感をもって楽しくお仕事してらっしゃるんだろうな~って感じられるようになってきたのは私の思い込み??

そういう裏というか、下積み時代をみなさん乗り越えてきたからこそ今があるんだなぁ~ってシミジミ感じました。


今まで出一番印象に残っている役。
初主演作である『ロードス島戦記』は今でもやはり印象深いそうですが、やはりどれも好きらしく選べないと。
自分に近かった役なんかも質問されてましたが、どれも自分に似たところを探してキャラを作っていくそうなので、全部のキャラにどこかしら自分が入ってるとか。
野島さんご自身は自分にリンクさせてしまうのを悪い癖と仰ってましたが…。
やっぱり自分の中にあるものからキャラクターを作っていくのですから似てしまう部分はあるんでしょうね。
キャラクターを掴むための役作りの仕方として、キャラクターの絵があればそれをみて、セリフの言い回しなどから作っていそうです。
演じ分けについてもお話してくださいました。
「器用じゃないほうなので演じ分けできてないんですけど」なんてホラを盛大に吹いてました。
えっと…野島さんが演じ分けできてないなら、あの業界結構な確立でみんなできてないような…
ここで特別サービス。本日持ってらした資料の中にナレーション原稿が入ってまして。
なんと読んでくださいました!!!!!!!!!!!
それまで普通に聞かせる声で喋ってらしたんですが、原稿を見た瞬間 ス イ ッ チ オ ン ! ! !
スッとプロの声になって軽快に読んでくださいました。いや~普段の声と全然違う。これが声優仕様か~。
野島さん自身はいつもどおり普通に読んだんでしょうが、思わず会場から拍手が。「すごーーい」とチラホラ聞こえてきまして、いや~私もプロになる瞬間が見れて幸せでした。
その後になぜかユウナでやってくださいまして…ホント野島さんユウナ大好きだよね(笑)
こちらには「キモイ」との声が!!いや、仰るとおり!!これで演じ分けできないっていうんだからおかしいよ。
この声とかは野島さんの趣味であらせられるご自慢の地下室にこもって、自分の声を録音して聞いたところから出てきたとか。
実はこの作業、キモイといわれがちですが何気に大切なコトらしい。
新人の折、テレビから聞こえてくる自分の声に違和感を感じたらしく、それから録音する機会が増えたらしいのですが、そのおかげで自分の声はどうやったらどう響くのかをマスターしたらしい。
ただのナルシストじゃないらしいよ!!!!!! いや、大半がナルシストだと思うが(笑)


(声優として)普段から心がけていること
特にないと仰ってたんですが、睡眠のことには触れてましたね。
年齢を重ねる内に睡眠をとらないと声帯がヤラレるようになってきたらしい…野島さんももう3○歳ですもの(笑)
そして人とのコミュニケーション。
アニメのスタジオのほとんどは3本ほどしかマイクがなく、1本は主役のマイク。
残りの2本を他の出演者で譲り合って使うので、出演者とのコミュニケーションは大切にしてるとか。
そして、幼い頃人里はなれた場所で暮らしていたせいか人と話すことが楽しいと感じてるらしい。
まぁ基本は一人が好きって押してるあたりが彼らしい。
後はここの質問だったかな?? 台本のことにも触れてました。
『あまつき』のラジオに出演なさったときも仰ってましたが、野島さんの台本って真っ白なんですよね。
昔は色々と書き込んでいたそうですが、自分の演技に癖があることがフト気になり、じゃあいっそ何も書かずにやってみようと思ったのがきっかけだそうです。
あ~相変わらずやることが極端だよね野島先生(笑)
で、ココから先がまたスゲーよこの人。野島健児以外には真似できないことをしてらっしゃるの。
何も書かない分、それこそセリフを暗記するぐらい読み込んで練習していくそうです。
アフレコスタジオとかで台本持たずに声当ててる姿がなんとなく想像できるのが笑える。
ご本人も真似しないほうがいいですって仰ってたぐらいですからね。
台本の書き込みは十人十色らしく色んな方の台本を見るのが楽しいとも仰ってましたね~。
「いつか他の方の台本をお見せしてやろうと思ってるんですけどね~」と。わ~ちょっと見たいぞ♪

続いてはいきなり関係ないことへ。プライベートではまってること。
三日坊主とはよくいったもんで、あの言葉を言い出した人はすごいな~なんて仰ってまして…
リアルに三日坊主なのは野島さん色んなところで公言してますのね。
その彼がよくもまぁ~ブログを何年も続けてるな~って。やっぱり発信することは好きなんだろうな。
最近はドラム教室に通ってるお話をしてましたね。
どうやら日曜日にレッスンが入ってるらしく、今日のレッスン飛ばしてしまいましたと(笑)


そしてサプライズプレゼント。なんと野島さんの方から朗読をゼヒやりたいとの要望があったそうです!!
この辺が野島さんらしいな~。今回の講演ってやっぱり声優を目指してる方が聴きにきてますからね、プロの語りを肌で、心で感じてほしかったんだろうな。
ここでピアノの野上さんご登場。
実は入場前に友人とロビーで待ってますと会場入りした野島さんを発見。
おんや???ちょっと見たことアル方が……って思ってたら友人が「野上さん?」って仰いまして、やっぱり彼でした!!
あれだよね。野島さんと野上さんは絶対お互いのファンだと思う(笑)

オレの靴下
夕飯
オレの靴下2
de ja vu
予感~君の好きな雨の日~
ゆるやかな狂気
しっていること


普段LIVEやらソロイベントに行きなれてる我々にとって会場の反応がものすっごく新鮮でした。
あ~初めて野島さんの詩に触れたときは自分もこうだったな~って思い出させていただいちゃったv
っていうか一人『de ja vu』にビックリしたよ(笑)
なるほど~これって意外とソロでもいけるんだ……野島さんなら緩急つけて今後一人でやってけそうだ。
相変わらず『ゆるやかな狂気』を聞くと鳥肌が立つ。あの暗転がたまらないのです。
そして野島さんの仰った言葉がちょっと印象的。
「ライブをしていく中で、僕のファンの方に聞いていただけるのも大切だと思ってます。でも、僕を知らない人がCDを聞いてくださって、歌や語りを聴いて良かったと思ってもらえるような、LIVEに行ってみたいなと思ってもらえるものを作っていきたい」
これが今の野島さんの中身なんだな~って思いました。
癒しという言葉が多様化されていく中、言葉でどこまで人を癒せるか? ということに挑戦し続ける野島さん。
こういうところがバイタリティーに溢れてて、自分をさらけ出せる強い人だなって思えますね。
彼の世界観って本当に独特ですから、それこそ両極端な感想を持たれるでしょう。
それを「自分」というものを芯に据えてブレない野島健児という人は本当にすごいなと改めて感じました。



詩のプレゼントの後は質問タイム♪色んなことに応えてくださいました。
えぇそら~もう乗ってる車の車種やら家族共演のお話なんかも(笑)
印象に残ってることだけつらつら~っと。と思ったがあまり覚えてない自分にがっかり。
何を質問しようかグルグル考えててあまり覚えてないってのが本音。
プラスして多分最後のアレがまずかったんだ。それで全部記憶吹っ飛んだんだよ(笑)

友人が質問しましたQ.これからやってみたいこと、挑戦してみたいことは?
やりたいことはすぐにやる性質の野島さん。
今回二人だけで、ピアノと合わせてやってみてこの形も面白いと思ったらしく、今後2人でライブをやってみたいとな。
お~シンプルでいいかもしれませんね~ピアノの旋律vs野島さんの声っていうシンプルな対決が!!!

Q.気分が沈んだときにどうやって立て直しますか?
台本を読んでいて自分のポリシーに反するセリフも時々あるらしく、ジレンマに襲われるらしいです。
でもそんな時は自分を選んでくださった方々に感謝の気持ちを思い出して取り組むんだとか。
この役を振られたのには何か意味があるって思うとかなんとか・・・ちょ~っとこの辺曖昧←ヲイ
また違う方が声優になるために出来ることは? 的な質問をしてらっしゃいましたが、やはり感性を磨くことだと。
滑舌やら技術的なコトは学校でやって、それ以外は人と話したり色んなことをしてくださいと。
ちなみに野島さんはやっぱり鍾乳洞へ♪あとは釣りをしたりと自然に触れ合って色んなことを吸収してらっしゃるそうです。

Q.失敗したことは?
似てるスタジオの名前があって間違えたり、遅刻をたまに。
でも基本的に1時間前にはスタジオ近辺についてるそう。あれ??でも何度か遅刻してるよねn、野島さん(笑)
新人時代はセリフが一言も言えなかったこともあったそうです。
一言のセリフが言えなくて真っ白に。家で100回練習しても現場で1回が言えないと。
現場が全ての仕事だからこそ今でも緊張すると仰ってましたね。


Q.好きな言葉は?
「完璧な理解よりも、好意的な誤解」
野島さんらしいお言葉で、一生懸命なぜこの言葉がすきなのかを語ってくださいました。
一度で全部を理解するより、これはこうなんじゃないか? あぁなんじゃないか?っていう誤解から何十倍、何百倍にも想像が広がっていくのがお好きな様子。
そうなんですよね。
こうやって一方的に私が野島さんについて語ってますが、これは理解ではなくて誤解。
自分にはこう見えているけれども、ご本人は全然そんなこと感じてなかったりとかね。
送り手と受けては好意的な誤解があるからファンというものが成り立っているんだろうな~。
その人の全てを知りたいと思っているわけではないですからね。
何をどう思って感じてるのか、それが知りたいだけなんですよ。って何の話だ???


私も便乗して質問させていただいちゃいました。色々聞きたいことあってどれにしようか迷ったんですが…
やっぱり一番ご本人の口から、生の声でお聞きしたかったこともありまして…
Q.なぜ培ったものを捨てようと思ったのですか?と。
某雑誌で「今まで培って来た技術とか、癖とかが邪魔なんですよ」って言い放ったのをよんでものすっごい衝撃をうけたんですよ。
で、やっぱりご自身でそう決めたことによって演技が変わったんですよね。それを感じ取れてものすっごいインパクトだったんですよ。だから聞いてみたかったのかも。
「部屋が汚かったんです。片付けなきゃって思ってどうぜなら一度全部捨てて見ようって思ったんですね。
捨てるのって勇気がいるんだけど、一度捨ててしまうと本当に大切なものって1つか2つなんですよ。
演技の部分でも、自分の癖とかが出てきてることに気付いていて、台本を読んでセリフを言っていても、ここをこう読めばこう伝わるなって言うのがわかってきてしまっていて、演技してるというよりただセリフを言ってしまっているような気がして、だから一度全部を捨てて見ようって思ったんです。
台本に書き込みをしないのも一つだし。そうすると今まで見えなかったものが見えてきたりとかもして、これはいいなって」

と…まぁ~ちょっと私なりの解釈で書かせていただいたんですが、大まかにこんな感じでした。
いや~~~~やることやっぱりすごいよね。こうだ!!って決めたらバッサリいくのが野島イズム。
印象的だったのが「捨てることって勇気のいること」ってところでこっちの顔をしっかり見てくれたんですね。
それまでも質問者に対して真摯に受け答えして、なおかつしっかりと質問者の顔と目を見て話してくださるんですよ。
で、その状態で上のお言葉。いや~野島さんのマジな目はホント心臓に悪い。
「本当に大切なものって1つか2つ」の件でも目を見てくださって……あぁ~死ぬかと思った。
心臓に刺さる言葉を伝えてくださって、その上一番聞きたかったことを直接答えてくださるって…なんて幸せモノなんだろうか……。
本当にその通りだな~って聞いてて思いました。生きていく上で本当に必要なものってそれぐらいなんだと。
年齢を重ねるとその分、いつの間にか邪魔なものが身についてて、でもそれを中々捨て去れないんですよね。プライドの問題かしら?
それをアッサリとバサッと切り落とせるのがスゴイの一言。
この前のライブでも「30代になって邪魔なものは全部捨てたのよ」と。ホント身軽になってる野島さんが自然体でうらやましい。

どの質問にも野島さんらしいお言葉で丁寧に、丁寧に答えてくださっていて本当にお優しい方だな~って再認識。
まぁでもファンの方が目を見てお話してくださるというのは嬉しいけれども困るね!!!!
内心「やめてーーーー!!見ないでーーーー!」と葛藤してました。お目汚しでスイマセンでした。
そして最後に野島さんから一言。
「最近はやりたいことが見つからないとか聞きますが、何でも本気でぶつかって見てください。やってみなければそれが本当に好きなのか、そうじゃないのかわらないと思うんです。だからとりあえずやってみること」
ご自身がこうしてきたからこそこの言葉がいえるんだろうな~。学生さんたちには勇気を与える言葉かなって思いました。
でも今回のこの講演は野島さんにとっても自分を見直すいい機会になったのかもしれませね。
ホント、参加してるみなさんめちゃめちゃ真剣に彼の紡ぐ言葉を聞いてらしたので。
イイ刺激になってくれると嬉しいな。
緊張したとブログに書かれてましたが、全然そんな風には見えず。
一人で喋ることとか苦手って仰ってるんですが、いやいや。
むしろこういう講師向いてるんじゃないかな??って友人と話してました。
厳しいところはめちゃめちゃ厳しそうなんだけど、最後まで懇切丁寧に面倒見てくれそうだ。
で、まぁ基本的に感覚で教えてそうですがね。いや~でも野島さん絶対マイク技術持ってる人だと思う。
だからこそ、技術だけでなく感情がガッっと入ってるのがわかりやすくなった今の演技の方がすきなんですけど。
あ~これからもどんどんイイ役者に成長していってくださるんでしょうね~。楽しみだvv



滞在時間はウン時間だったんですけど、この内容で無料って…
本気で来てよかったかな~って思いました。
ここまで声優とか役者について真面目に語る野島さんって初なんじゃないかな??
貴重なお話をご本人の口から直接聞けたのが何より幸せでした。
しかも最前列のど真ん中(笑) 東京都代わり栄えしない顔がいてスイマセン。
20080720163418.jpg
一緒に行った友人からもらった赤べこ仕様のブードゥー人形♪
私の携帯のお供になりました。この日の思い出を忘れないステキなお守りだわvvv
ありがとうございます。
ホント、一緒に行けて楽しかったな~~~~。誘ってくださって真面目にありがとうございます!!!
入場時に受付に名前がないって言うアクシデントも発生しいや~神懸かってました!!!
楽しい小旅行でしたvv また何かありましたらよろしくお願いします♪



ここまで読んでくださった方は果たしているのか…がっつり書かせていただいたんですが…
やっぱり人間の記憶力には限界がありすぎるね。あんま覚えない自分に残念。
ニュアンスだけでも伝わってくれると嬉しいな。
ホント、ありがとうございました。すっきりしたぞーーーーーーーーーーーーーー!!
イベント * トラックバック(-) * Comment(4) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→
ふゆみ
2008.07.25 (20:36) xx URL xx EDIT
はぁぁぁ~~~vvvv
すごいです(笑)!!!よくまとめてらっしゃる~~!!!
一言一句詠みながら、あのときの感動をしっかりと思い出せました(笑)
野島さんの言葉とか、伝えてる雰囲気がよく伝わってきました!!
素敵なレポが読めて幸せです(笑)
こちらこそ、数時間の小旅行でしたがとても楽しかったですvv
また何かあったらこちらこそヨロシクです(≧▽≦)
長月
2008.07.26 (00:54) xx URL xx EDIT
水実さん、こんばんは~!
素敵レポありがとうございましたっっ!!
じっくりと読ませていただきました。
丁寧に詳しく書かれていらっしゃってて、読んでいてすごく楽しかったです。

それに野島さんの人となりを、たくさん知ることが出来ました。
本当に素敵な方ですね~。


そして水実さんがされたご質問がまたスゴイです。
野島さんの芯をとらえてるというか…!!(なんか言い方変ですかね…汗)
私、あのような質問は絶対思い浮かばないですよ…。
水実⇒ふゆみ様へ
2008.07.27 (15:03) xx URL xx EDIT
あわわわわ~ダラダラ長ったらしいレポというか、感想を読んでくださってありがとうございました。
一緒に行ったふゆみさんに、こんなお言葉いただけると嬉しさ倍増。
ふゆみさんのレポがものすっごく的確にまとめてらしたので、私のこのグダグダ加減といったら。
私もあんなふうに書けるようになりたいです!!!

ホント、未だに野島さんの一言一言を大切に紡いでいたお姿がよみがえってきてニヤニヤしそうに…
あ~~幸せでした。気合入れていった甲斐がありましたよね。
またゼヒこんな機会がありましたらよろしくお願いします♪
次はいつお会いできるかな~~。それも楽しみにしてますね。
コメント本当にありがとうございました。
水実⇒長月様へ
2008.07.27 (15:09) xx URL xx EDIT
長月さん、コメントありがとうございます!!

長ったらしいレポ読んでくださって感謝!お疲れ様でした。
その上めちゃめちゃ嬉しいお言葉をいただけまして…
野島さんの人となりがちょっとでも伝わってくださったなら、書いた甲斐がありました。
長月さんに「素敵な方」って言っていただけたのが嬉しすぎます。
我がことの様にありがとうございます!!!!!!!

質問内容は…もう雑誌読んだときからあのお言葉が離れなくて。
せっかくの機会だったので突撃してしまいました(笑)
ご本人の口からしっかりと返答を聞けてスッキリと同時に、更にファンになって帰ってきました。
いや~ちょっと微妙な質問かな??って思ってたんですが、長月さんにこんなお言葉をいただけるならGJ自分←ヲイ
ホント嬉しいお言葉ありがとうございました♪














xx HOME xx

 Copyright © Southern Cross All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。