男性声優さんにハマってウン年…。テンション高めに綴っております。時々毒吐きますが、愛ゆえにってことで…
2017/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/11
いらっさいませ♪




これが正体!!

水実 (MINAMI)

Author:水実 (MINAMI)
野島健児
何気に長いことファンやってます。
我ながらしつこいww

基本的に男性声優さんに雑食気味。
その時のテンションにより愛が四方八方。
イイ声万歳ってことで許してください。

現在も「Z」祭りは開催中♪
ts_1_1.gifturi_icon_3.gif
  logo_icon_2_2.gif  logo_icon_1_1.gif
inu_icon_5.gifcp_icon_2.gif
主従関係がたまらんとです!!!
個人的メモ…VitaminZ 発売リスト(2015/2/6更新)




カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -





最近の記事




カテゴリー




コメント




リンク




御用の方はコチラから。

名前:
メール:
件名:
本文:




個人的お買い物予定?メモ。

2011年♪



xxSEARCHxx

xxINFOMATIONxx

    xtoz_m3.jpg


    スカーレッドライダーゼクス応援中!


    ユア・メモリーズオフ
Welcome to Southern Cross !!
自分のハマりやすい性格に自身で振り回されてたりwww
まぁそれも人生。流れるままに流されてみようかなぁ~。まったり、まったり。



スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


Z-BOYS誕生物語… 
2007/08/04 /02:26
うはは~DVD鑑賞デーな感じになりそうなよ・か・ん♪

ってっことで、今回は、前にちらっと書いた超ツボ的キャストな作品を見ました。

『ロード・オブ・ドッグ・タウン』

いや、ホント……面白かった!!
普通の青春群像劇じゃなくて、登場人物たちがみんなめっさアウトロー!!! 
生きるか死ぬか、弱肉強食な時代を生きたスケボーの先駆者たちの実話のお話。
ゴミ溜めのような街に生まれ、明日に希望なんて抱かない少年たち。
それでも彼らにはサーフィンとスケボーという楽しみがあった。

パッケージと、ストーリー読んでものすっごく惹かれたんです。
そこに吹き替えのキャスト見たらま~~野島さんがいらっしゃったわよ(笑)
ずっと探してまして、よくやく見れました♪
いや、ホント、やっぱり野島さんってそのポジションな役なんだな~
ってか、最初はかなりビックリしました。だって…ステイシーってば超ロンゲなんですもの!!!!
金髪サラサラ、ロングヘアーの一匹狼。というか、若干浮いた存在な役。
ビジュアル的にはなんて珍しい役だ!と。
でも、彼の生き様とか性格とかを見ていて、あぁ~納得。
のけ者にされていたが、最後まで育ててくれた人のコトを考え、それでもビジネス世界に入っていく。
でも結局、最後は大きな大会を蹴って、旧友の元へ向かう、そんな実は友情に熱い男でした。

他の2人もね、どれだけバラバラになろうとも、険悪になろうともやはり根っこの部分は繋がっていました。
ラストシーンあたりの、悪友3人が、友人の寿命が短いと知って、一人、また一人と集まってくるところがよかったです。
そして、昔のように空っぽのプールで思い思いに滑り出す3人。
もうね…なんか…見ててほほえましかったです。
ショービジネスの世界で競っていた2人がユニゾンンのような滑りをする。
それをみて、ウズウズし出す最後まで悪がきの心を持つジェイの表情が素敵でしたv
3人が3人とも本当に性格のバラバラ感じで。

う~んやっぱり実話のお話はいいですね。しかも時代を切り開いた方々のはv
メイキング映像で、本物のジェイとかが滑ってるシーンがホント楽しそうで。
「“伝説の滑り”だけど、47歳になった今でも滑れるんだ」って笑う彼の表情がよかったな~。
あんな時代と、場所に育ったからこそ、あぁいう風に語れるんだろうな。
特にジェイの背負ってるものは3人の中でも一番シビアでしたので。
母のために稼ぐ息子。だけど当の本人はビジネスに全く興味なし。
どんな高額を積まれても、彼だけは最後まで自分の育った街を貫き通してました。

それとは真逆のトニー。
闘争心メラメラで、チーム時代から2人と競いあって、上を目指し続ける。
華があって、自信家で、自分の才能に全てを賭けた人でしたね。
だからこそ、初代チャンピオンに輝いたのでしょうか。
カッとなりやすい性格のため、喧嘩で招いた目の怪我がきっかけで昔の自分を取り戻していく姿にホッとしました。


そして何より驚いたのが…
劇中のスケボーのシーンですが…ほっとんどを俳優自らが滑ってるのですよ!
いや、マジプロのスケーターのスタントだと思ってたのでカナリビックリ。
カッコイイですよ~ホント!!

あっ、なんかサラッと感想書くはずが長くなってしまった!!
でもホント素敵な作品で、個人的に久々にツボv
さって、次はもう1本野島さんの吹き替え作品を借りてきたのでそっちを見てみよう!!
今度はどんな感じっかな~~~~♪





ちょ、映画とは全く関係ない話題でスイマセンなんですが…
『鎮守神楽』のクロスフェードデモが公開になりましたね~。
おぉ~野島さん思ったとおりの声のライン。
そして神谷さんがやっぱり気になるなり(笑)
ただね~う~~んどうなんだろう…声●さんね~~
他の作品聞いた方々の反応やっぱり微妙なんだよな~。
キャストはいいだけに残念すぎる。いや、でも『束縛のアリア』は好きだって言う人もチラホラ。
ふむ。 検討検討。
Topics:N島さん * トラックバック(-) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→














xx HOME xx

 Copyright © Southern Cross All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。