男性声優さんにハマってウン年…。テンション高めに綴っております。時々毒吐きますが、愛ゆえにってことで…
2017/05← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/07
いらっさいませ♪




これが正体!!

水実 (MINAMI)

Author:水実 (MINAMI)
野島健児
何気に長いことファンやってます。
我ながらしつこいww

基本的に男性声優さんに雑食気味。
その時のテンションにより愛が四方八方。
イイ声万歳ってことで許してください。

現在も「Z」祭りは開催中♪
ts_1_1.gifturi_icon_3.gif
  logo_icon_2_2.gif  logo_icon_1_1.gif
inu_icon_5.gifcp_icon_2.gif
主従関係がたまらんとです!!!
個人的メモ…VitaminZ 発売リスト(2015/2/6更新)




カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -





最近の記事




カテゴリー




コメント




リンク




御用の方はコチラから。

名前:
メール:
件名:
本文:




個人的お買い物予定?メモ。

2011年♪



xxSEARCHxx

xxINFOMATIONxx

    xtoz_m3.jpg


    スカーレッドライダーゼクス応援中!


    ユア・メモリーズオフ
Welcome to Southern Cross !!
自分のハマりやすい性格に自身で振り回されてたりwww
まぁそれも人生。流れるままに流されてみようかなぁ~。まったり、まったり。



スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


2年半お疲れ様でした、また… 
2007/04/07 /12:47
イベントラッシュだった3月、最後のイベントは……

【BELOVEDお茶会~放送部打ち上げパーティー~】

でしたv
今月は野島さんに2度もお会いできまして…幸せでございました。

ただ、この日は…私の優柔不断さのセイで相方にものすっごく迷惑をかけてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。
あ~ホント自分ってダメだな~~ってつくづく思わされたかな~大人にならなきゃ!!
今後はね、あんなことにならないように改めて行こうと思ったり、思わなかったり(ヲイ)
性分…なんだろうね…ホント迷惑しかかけね~な、ワタクシ…本当にゴメンなさいでした。



で、ようやくこの地にくることができましたよ!!
スタジオドラゴンカフェ! 駅からの近さにビビリました…野島さん、この距離は迷わないよ。
ってか、迷いようがないよ(笑)

20070405122050.jpg

外で待っていると、普通に大荷物を抱えて登場する野島さん。
毎回思いますけど、BELOVEDメンバー突拍子もなく出てくるの得意だよね。
今回も驚いたよ。あまりにも普通なので笑ってしまいましたが~
珍しい服装してましたね~~ベージュのトレンチ。
なんか、野島さんがあの服装ってちょっと意外でしたよ
最近彼の中では茶色がブームなのかしら? 見るたびに茶色系の服ですが…
シックな服装も似合うようになってきた証拠としておきましょう(コラ)



※この先、ありえないほど長くなってしまいました。
 体調が悪いときに読むのはお辞めください(笑) いや、ホントに。
 それでも読んでくださるお優しい方は、ぞうぞ~~~♪
今日も今日とて、最良の席をGETできましたが…ちょっとね…
いや、もうそれにかんしては触れないでおこうか(笑)
毎回のことだしね、ここらへんをもう少し改善して欲しいな~って毎回思うのは心が狭いからだろうな。

で、今日は話し相手がいるってことで、待ち時間も快適に~♪
「野島健児さんセレクトの、駄菓子で~す。どうぞおとりください」
会場に入ると、カウンター席に駄菓子が置いてあったんですね。
あれはなんだろうな~~??なんて思っていたら、そんなオチ。
ホント野島さん駄菓子大好きだね~~さすが少年。
200704051220502.jpg
美味しくいただかせていただきました♪


本日は特別ゲストも登場(笑)
レモンシュカッシュのお2人でした~~~!!
レモン優子さんとシュカッシュ利さんのユニットだったのですが…
初ライブにして最後のステージということで、いや~惜しいな~
『溶けたヴァニラアイス』とか名曲だと思ったんだけど。
「まずそうだから食べない!」って、うん。その通りですよね。
持ち時間10分にして5曲。満足したよ!ありがとう(笑)


余興はこんなんで、BELOVEDメンバー登場。
「私は関与しておりません」byボス
沢口さん、今日も登場から絶好調で♪
本日はみなさん、カジュアルな感じの服装で、なんか温かかったな~~。
優子さんと利くんの着替えを待って、本番スタート♪


HELLO HELLO(Okinawa Version)
20日のライブとは違って、なんだかウキウキとしてしまいうような歌声でした。
で、例のごとく例によって、ボスの一存で本日は沖縄ヴァージョン。
沖縄特有の掛け声も素晴らしかったのですが…
ホント野島さんアナタなんでもできる人ですね…
ラジオでも求められれば色んな動物の音を、ご自分で披露してましたが、本日も口笛で参加。
本家の音とはやっぱり違うけれど、あれのおかげで沖縄っぽくなってました。
口笛吹いている野島さんがね~~~凄い好きだった~楽しそうでv


☆ BELOVED大喜利
ラジオコーナーにもない今回の特別な企画~♪
沢口さんだ出すお題にメンバーが答ええてきます。
最初のお題「沢口が、ライブ当日に沖縄に行くと言い出しました。引き止める一言をどうぞ」
これはすごかった、ちぃちぃ以外全員が「ライブに宮沢和史さんが来るってよ」で統一!!
やっぱり沢口さんに対しては宮沢さんを出せば効果は覿面なんだね(笑)

2つ目は「利くんの知られていないあだ名とは?」
これには野島さんの「お兄ちゃんv」に決定。
あ~~懐かしやシスプリ(笑)
ってことで、会場のお客さんから「お兄ちゃん」とコールされる利君。
こうしてBELOVEDの男性メンバーは弄られていくのです。

他にも「こんなBELOVEDは嫌だ」があり、続きまして

「メンバーしかしらない野島健児とは」
に、優子さん「実は浪川大輔が声を当てている」っていうのが最高でした!
野上さんの「実は、ロミさんの舎弟」とか、どこまでいってもヘタレな野島さん。

その後、沢口さんが爆弾投下。
「沢口が知っている利君の秘密」
ってことで、いや~~いろんなこと暴露されてました。
ただ、どれかは本当で、どれかは嘘とのこと。
利くん顔を真っ赤にし、汗ダラダラ、相当追い詰められた模様。
さすが、女性陣はパワフルですね~!!



★ BELOVED早口言葉
わ~い!!「モエギ」さんに会えた!!!
このコーナー実はすっごい好きだったんです。
モエギさんの「生麦生米生卵~、隣の客はよく柿食う客だ~♪」って歌がすっごいすきで(笑)
本日は、お客さんvs「声優」野島健児ということで…
のっけから、野島さんにプレッシャーかけまくり!!
「高崎の崎に北高崎」と「東京校校長兵庫校教頭」の2題だったのですが…
普通にやっても面白くないということで、野島さんには枷としてなりきってとういこうととで、えぇもうBLでしたとも。
1つ目は「受」2つ目は「攻」ということで…
はい、両方ともお見事な負けっぷりを披露してくださいました!
ホント、どこまでもヘタレな野島さん(笑)



笑った後は、またしっとりと歌コーナーに。
各自が歌いたい歌をソロでということで、トップバッターは…

BELOVEではその美しい歌声をコーラスとして披露してくださり、独特のテンポと雰囲気を持つ、エンジェルこと佐藤千裕さん。
彼女が選んだ曲は『My Love』
あぁ~歌い手が違うと、こんなにも違う曲になるんだな~
ちぃちぃの歌声は、本当に優しくスッと心に入り込んでくる感じがしました。
陽だまりの中にいる感じ?
曲は切ないのですが、彼女の歌声に包まれる感じがして、ものすごく心地よかったです。

続きましては…鈴木利宗さん
『グランドを駆ける風』
この曲聴けると思っていなかったので、嬉しかったです。
大好きなんですよね。
こういう「青春」って曲はBELOVED特有のものですね。
彼らが歌うからこそ、説得力があるような。
なんだろうな~~利君ってまさに「青春」を駆けているような、そんな人なんですよ。
で、声がまた独特のものをもっていますから、彼のワールドが一気に広がるんです。
「さぁ 明日のほうへ行け」
「ありがとう ありがとう 言い尽くせぬけど」
「さようなら さようなら 忘られぬ人」
この3つのフレーズが本当に大好きでした。
これに絡まる野島さんの詩の朗読。あ~これが彼らの世界だな。


歌姫の登場です。
いつも元気で、お客さんに魅せるパフォーマンスを心がけるムードメーカー的な存在。
石橋優子さん。彼女の選曲は『朱鷺-トキ-』でした。
この間起こった、石川の大地震で3羽の朱鷺がなくなりました。
欧米から輸入され、生活は豊かに便利になっていくが、日本人が日本人であることを再確認してほしい。
そんな思いを込めて、しっとりと歌い上げてくださいました。
「この島で夢をみて この島で夢からさめる」なんだか、ハッとさせられる歌詞だなと思わずにはいられませんでした。
大切なことを思い出させてくださった優子さんに本当に感謝です。


趣向を変えまして、歌から心にしじむ沢口千恵さんの詩の朗読に。
「思うように歌が歌えなくて」という沢口さん。
あぁだから彼女はあんなにも「詩」に思いを込めるのだなと、改めて感じました。
「あなたを好きにはならない」「滑走路」
2つの詩。どちらも沢口さんが大好きな宮沢和史さんの詩です。
両方とも、目を閉じて聞かせていただいたのですが…
風景がフット頭の中に浮かぶんですよね。
特に「滑走路」のほうがものすごく、沢口さんらしいなと。
「男性が夢を追いかけるとき、待っていてあげたい」そんな彼女はとても強い女性だなと思いました。
本当にこの方の言葉に対する思いは素敵だな~。


ソロコーナーが終わると、詩の朗読へ。
今回はメンバーがその日に書いた詩を、シャッフルして読みあうという企画だったのですが…
利君と沢口さん、自分の詩を引き当てるというナイス強運。
で、ほかの3人は初見ということだったので、メンバーが読んでいる間、キーボードの野上さんが『いつもと違う場所で』という曲をプレゼントしてくれました。
野上さんの歌声を始めて聴いたのですが、うん。ご本人のイメージ通り芯がスパンと通ったまっすぐなお声でした。
このときにね、申し訳ないのですが、私野島さんを凝視してしまったのです。
ごめんなさい、ホントに惹きこまれるかと思った…
あぁ~この人は本当にプロなんだ…
このときほど実感したことはありませんでした。
初見の詩を自分の感性を頼りに、自分の世界に創り上げていく。
その作業を目の当たりにできたこと、本当に嬉しく思いました。
誰よりも長く詩に入り込んでいた姿に、彼の役者としての本質が垣間見えました。


利君の朗読「金色の手帳」…詩:鈴木利宗
ちぃちぃの朗読「春雷」…詩:野島健児
野島さんの朗読「歌娘」…詩:石橋優子
優子さんの朗読タイトルがちょっとわからずで…詩:佐藤千裕
沢口さんの朗読「夢」…詩:沢口千恵

メンバーの色が本当に出た詩の数々でした。
やはり、野島さん、沢口さんはプロだな~と感じずにはいられませんでした。
言葉から情景へ移す感情移入が凄かった。
「読む」と「伝える」この差がやはりプロとアマだな~と。
でもね、みなさんそれぞれの持ち味が存分に出ていて本当に素敵でした。
そこで、野島さんの詩をご紹介。

『春雷』
一番朝早くに
さくらの下を歩こう
川沿いを歩こう
雨もあがって風がきれいだよ
三つ目の橋まで
手をつなごう
明日からの
それぞれの明日に
なるまえに



さて、イベントも終盤、野島さんのコーナーということで…
利君と2人で『案山子』を披露しくてくれました。
この曲、生で1度聴いてみたいと思っていましたので、感動。
「君を見つけ足がはえて 君とキスして歩けました
 君を泣かして心が芽生え 君を抱いたら生まれました」

すごく大好きなフレーズで、可愛いな~って思っていたんです。
野島さんの語りから、利君の歌へ。
あ~こういう構成の曲なんだな~と。
語りかけてくる2人の声が綺麗に響きあっていて、聞いていて心が表れるような、そんな感覚。


残るソロコーナー、最後を飾るのはこの人。
野島健児『そして、雨が降る…』
キーボードの野上氏のソロプロジェクト、ウワノソラーズのナンバー
ここで野島さん
「切ない歌が好きで。明るい曲も楽しい曲も好きなんですけど、やっぱり切ない曲が好きで。
 だから僕のやる役は7~8割り方死んでしまう役が多いんですけど」

あ~やっぱり野島さん自身ちょっと気にしてる部分はあったのね(笑)
ホント、アナタのその姿勢は死にキャラにピッタリなんだろね。
改めてそう感じてしまったよ。
「切ない」ってか「儚い」そんなイメージが何故か沸いてくる野島氏。
フワフワと、なんだか飛んでいってしまいそうな感じも受けるんですよね。
それはいいとして、あ~~野島さんらしい訴え方だな。
そう感じる曲でした。バラードがやはり似合うな~とも。
感情を思いっきり高ぶらせて歌うので、本当に情動的で衝動的。
毎回思いますが、歌っているときと喋っているとのギャップが激しすぎる。
どっちももっていて初めて野島健児なのでしょうが、本当に…
彼のパワーにはいつもいつも、驚かされてばかりです。
言葉への感情の込め方も、彼自身のワールド炸裂してました。
ちょっと上を見上げて思いを馳せる彼の顔は、紛れもなく31歳男性の表情でしたね。
こんな風に、素敵に歳を重ねていって欲しいな…
なんて、そんなことを思って彼の曲の世界に浸ってしまいました。


ラストナンバー
「BELOVEDお休み前のラストナンバーが、自分たちの曲じゃないっていうのが私たちらしいですが」
本当に…沢口さんらしい選曲に笑みがこぼれてしまいました。
『天国に落ちる坂道』
この曲はTHE BOOMのナンバーでして。
BELOVED結成当時から演奏されてた曲です。
ここから始まって、ここで終わるんだな~。
メンバーの声がそろって聴けるのまた1年後なのか~と、切なくなってしまいました。
宮沢さんの歌詞はやはり凄いですね。
業界でも非凡なる才能は有名ですし、数々のヒット曲を生み出してきた彼の曲は、心理に迫るものが多い気がします。
この曲もそう。
BELOVEDのメンバーが歌うのがちょっと不思議な気もするんですよね。
彼らは暖かさをいつも与えてくれるので、こういう曲は珍しい。
でも、だからこそ新しい形があるんだろうな。
あのメンバーだからこそ広がる、歌のカタチ。
言奏にしかできないアプローチの仕方。
そんなものがギュッと詰まった、そんな曲でした。




あっという間に楽しい時間は過ぎてしまうもので…
気づいたら終わりのとき。
メンバーのコメントが寂しさを感じさせました。
特にね、優子さん。泣いているのかと、泣き出してしまうんじゃないかと少しハラハラしました。
だけどね、ホント、これはただの休止であって、1年後には復活しますから!!
ソロ活動もありますからね!!
お待ちしてます!
また絶対、お会いしましょう!最高の夜をありがとう!!!!
イベント * トラックバック(-) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→














xx HOME xx

 Copyright © Southern Cross All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。